AmazonKindle・スマートフォンで読める電子書籍

【本物の】プログラマ養成テキスト

あなたのプログラミング人生を変える1つの可能性

詳しい内容は、こちら⇒

起業というと難しく考える人も多いですが、今回、手軽に起業できるサポートサービスを始めました。

「お試し起業STARTUPパッケージ」

手軽に起業するなんて・・・と怒られそうですが、もっと簡単にというか、気楽にビジネスを始めてもいいんじゃないかと思っています。

会社を設立して、事務所を借りて、スタッフを用意して、資本金も準備して起業するというようなことをしていたら、せっかくのアイデアも実現できないことが多いと思いませんか?

もっと簡単に「起業=ビジネスを行う」ことができるのであれば、あなたのアイデアを活かせるチャンスも広がってくるはず。

もちろん、お金をかけなければできない・お金をかけたほうがいいビジネスも存在しますが、世間にあるビジネスがすべてそうではないでしょう。

そこで、「そのアイデアで試しにビジネスを行ってみよう」ということで
「お試し起業STARTUPパッケージ」を用意しました。

アイデアを商品化して、ネットショップの仕組みを利用して、商品やサービスを販売します。

簡単に言ってしまうと
・アイデアを提供できる形にする
・販売サイトを作る
・ペイパルを設置
これで出来てしまうんですが、これだけだと不安な人もいるでしょうし、販売にかかる顧客とのやり取りも大変です。

そこで、そのような不安や悩みをサポートするコンサルティングサービスを始めました。

それが

「お試し起業STARTUPパッケージ」

です。

詳しい内容は、こちらからどうぞ ⇒ STARTUP

 

前回の記事で紹介したアンドロイドアプリ「新月の願い」

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kwi.moonwish

ようやく?

1000ダウンロードを超えました!!

まぁ、人気アプリからしたら大したことない数字ですが
何のプロモーションもしていないアプリで
知名度の無い企業が出したモノとしては・・・

どうでしょう?

 

なかなか頑張っているんじゃないかと思っているんですがね。

これからも、もっとダウンロードされるようなアプリを作りたいですね。

 

 

既に公開してから、だいぶ経っているのですが。(^_^;)

アンドロイドアプリ「新月の願い」をリリースしています。

知っている人は知っていると思いますが、「新月の願い事」というのは

新月の時に、願い事をすると、なぜか叶っちゃうんだよー

的な、不思議なこと。

 

検索してみていただければ、分りますが、結構、叶ってしまっている人もいますし
毎月の新月の時間などの情報を発信しているサイトも多いです。

で。

このアンドロイドアプリ【新月の願い

そんな新月情報が分るアプリです。

で。
お願いをするには、いくつか作法があって

一番いいのは、新月になってから8時間以内

ということなので、その時間帯も分る、ちょっと嬉しいアプリになっています。

 

ぜひぜひ。
アンドロイドを使っている方は、一度お試しください。

 

 

そこまでおおげさじゃないんですが。

ルーンは、北欧で、石碑などに文字を刻む時に使われていた文字です。
キリスト教の普及とともに消えて行きましたが
10数世紀くらいまでは実際に使われていました。

そんなルーン文字。

有名なのは、そういった石碑などの書き文字ではなくて

魔術

 

ルーン占いですね。

 

ルーン占いにもいろいろとやり方はあるのですが
1枚引いて占う「ワンオラクル」という方法が手軽です。

ルーンは、カードでも石でも木片でも、何でもいいのです。

 

じゃあ、スマホでも良くね?

 

ということで。

アンドロイドスマホでルーン占いができるアプリを作りました。

ルーン占い

スマホでルーン占い

「ふん。占いなんか。」

と馬鹿にせずに、ヒントを求めて試してみては?

 

 

 

Twitterへの投稿って、手元に携帯なりスマホなりの端末が無いと出来ないじゃないですか。

で。

私。
あまり、スマホとか得意じゃないんですよね。(^_^;)

まぁ、文字入力が面倒なんです。

Twitterへの投稿はしたいけど、入力するのが面倒だから、投稿しない。

そんな感じなんですよね。

 

そこで。

スマホだと、Googleの音声入力ってあるじゃないですか。
それを使って、入力できないかなと。

まぁ、普通に入力パッドに音声もあったりしますが
それ用のアプリを作ってみました。

でも、OAuth認証は面倒なので
Twitterに投稿内容をPOSTするだけ。

Tweetを見るとかフォローとか、実装すると面倒なところはTwitterにやってもらいます。

アプリは、入力に専念する。

ということで、できたのが

ロゴ

【こえでTweet】です。

GooglePlayでダウンロードできます。

⇒ こちらからどうぞ。